こんにちは。
副業応援団係長@ひげ坊主です。

今日の人を動かす方法は
「対抗意識を刺激する」 です。

※ここでは「人を動かす」と言う本のコミュニケーション術を紹介しております。

今日はパート3の人を説得する十二原則の中の
第十二章「対抗意識を刺激する」について話します。

話の中では
良い給料だけで人材を引きつけ、留まらせることはできない。
仕事に競い合う要素が必要となる。
と言っています。

他人より秀でたいと言う気持ち
自己重要感を得たいなら負けん気を刺激するのが良い。
とも書かれています。

そう言えば、
スポーツ漫画では必ず良きライバルが出てきます。
ライバルの出現により主人公も強くなっていったりしますよね。

対抗意識のある人が出てくると
人間はサボらずやる気を出すのだと思います。

これは対自分に対しても使えそうなテクニックですね。

モチベーションが上がらないときは
良いライバルを想定してみようと思います!

「人を動かす」を参考に今後も発信していきます。

「人を動かす」に興味をもってもらった方向けに
「人を動かす」の本とAudibleのリンク貼っておきます。

人を動かす(Amazonリンク)
http://amzn.to/2sgRGiV

Audible(オーディオブック)
http://amzn.to/2shoPL5

人を説得する時は
良きライバルを想定してみて
やる気を出させるよう工夫してみようと思います!

人とのコミュニケーション術を身につけた素敵な人間になれるよう、
ともに勉強頑張りましょう!

副業応援団係長@ひげ坊主

関連記事